焙煎度と豆の状態

「焙煎度」について


エクストラライトロースト
浅煎りよりさらに浅い焙煎で、酸味がより強調され、苦味がより控えめになります。
コーヒーの酸味が好きな方、苦味が苦手な方におすすめ。
コーヒーの比重が大きく粉が沈みやすいためドリップの際の膨らみは控えめです。
フレッシュなフルーツのような甘酸っぱさが魅力で、淹れ方による味の引き出され方の幅が大きいので、お好みの味に合う淹れ方でお楽しみください。
浅煎り
酸味が強調され、香ばしさや苦味が控えめ。
爽やかですっきりとした、軽やかな口当たり。
中煎り
爽やかな酸味とまろやかな苦味に、香ばしさや甘さが加わります。
バランスのとれた味わいと口当たり。
中深煎り
香ばしさや苦味が強調され、酸味が控えめ。
深煎り
香ばしさや苦味が強調され、酸味が控えめ。
油分を含み、コクのある口当たり。
エクストラダークロースト
深煎りよりさらに深い焙煎で、苦味がより強調され、酸味がより控えめになります。
コーヒーの苦味が好きな方、酸味が苦手な方におすすめ。
深煎りよりも焙煎時間が長いため豆の中に残るガスが少なく、ドリップの際の膨らみは控えめです。
油分を特に多く含み、ミルクに負けない重く深い苦味が魅力で、ストレート、エスプレッソやカプチーノはもちろん、アイスコーヒーにもおすすめです。

「豆の状態」について



〈豆〉★おすすめ!
豆のまま発送します。
コーヒーを淹れる直前にお好みの調整で挽いていただくことで、より新鮮な状態と都度適切な挽き目でお召し上がりいただけます。

左〈細挽き〉
細挽きで発送します。
水出しコーヒー(浸漬式・滴下式)などに。

中央〈中挽き〉
中挽きで発送します。
フレンチプレス、ペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォンなどに。
特別に中細挽きのご希望があれば、ご注文時にコメントでお知らせください。

右〈粗挽き〉
粗挽きで発送します。
フレンチプレス、サイフォン、エアロプレス、パーコレーター、メタルフィルターなどに。

(写真準備中)
〈極細挽き〉
極細挽きで発送します。
エスプレッソやトルココーヒーに。