「焙煎度」について


エクストラライトロースト
浅煎りよりさらに浅い焙煎で、酸味がより強調され、苦味がより控えめになります。 コーヒーの酸味が好きな方、苦味が苦手な方におすすめ。
コーヒーの比重が大きく粉が沈みやすいためドリップの際の膨らみは控えめです。
フレッシュなフルーツの甘酸っぱさが魅力で、淹れ方による味の引き出され方の幅が大きいので、お好みの味に合う淹れ方でお楽しみください。
浅煎り
酸味が強調され、香ばしさや苦味が控えめです。
コーヒーそれぞれのフルーティな個性が楽しめる、爽やかですっきりとした味わいです。
中煎り
爽やかな酸味とまろやかな苦味に、香ばしさや甘さが加わります。
バランスのとれた味わいと口当たりです。
中深煎り
やや香ばしさや苦味が強調され、酸味が控えめです。
深煎り
香ばしさや苦味が強調され、酸味が控えめです。
油分を含み、やや重めでコクのある口当たりになるので、エスプレッソはもちろん、ストレートでもミルクと合わせても、しっかりとした味わいを楽しめます。
エクストラダークロースト
深煎りよりさらに深い焙煎で、苦味がより強調され、酸味がより控えめになります。 コーヒーの苦味が好きな方、酸味が苦手な方におすすめ。
深煎りよりも焙煎時間が長いため豆の中に残るガスが少なく、ドリップの際の膨らみは控えめなことがあります。
油分を特に多く含み、重く深い苦味が魅力で、ストレート、エスプレッソやカプチーノはもちろん、アイスコーヒーにもおすすめです。

焙煎度は好みによる選択である一方、焙煎度によって豆の風味が変化します。
浅煎りでは苦味があまり得られず、逆に深煎りでは酸味があまり得られません。
苦味は焙煎を深くすることでどのコーヒー豆でもほぼ均一に得ることができますが、コーヒー豆それぞれの個性は酸味に付随することが多く、酸味は焙煎が深くなると失われて再現することができません。
重く、苦味のある味が好みであればより深い焙煎の選択が適当といえますが、コーヒー豆が本来持つ個性や特徴は焙煎が深くなるほど失われていく傾向があります。
個性や特徴がなくなるというのは、つまりどのコーヒーも違いがなく、均一化されていくということです。
今日の浅い焙煎でコーヒー豆を楽しむ流れは、コーヒー豆それぞれの個性を引き出して違いを楽しむ流れでもあります。
なぜあなたは時に、安価な「名前のない」コーヒーではなく、個々の名前やトレーサビリティのある「特別な」コーヒーを飲みたいのでしょうか?
あなたにとってのその理由が、「希少で高価なコーヒー豆の個性や特徴を味わいたいから」であれば、深煎りではなく、浅煎りや中煎りを選ぶことで目的を達成できます。

私たちもまた、個人的には浅煎りから中煎りのコーヒーを好みます。
豆それぞれの個性と味わいの違いを感じることは、私たちにとって大きな楽しみだからです。
また、浅煎りや中煎りはフィルターを用いて抽出すると非常に素晴らしいだけでなく、私たちが好むエスプレッソにおいても、伝統的なエスプレッソにはやはり深煎りがぴったりな一方で、今日は焙煎度の浅いコーヒー豆で抽出するエスプレッソは世界のトレンドでもあり、実際にたいへん魅力的な味わいがあるからです。
そしてダークローストはペーパードリップでの抽出に不向きとする意見や、焙煎が深くなるほどコーヒー豆それぞれの個性が薄れて均一化されていくとする意見に、どちらかというと賛同しているからです。